メーカー横断で建材比較ができる建材選択クラウドtruss(トラス)無料ユーザー対象拡大 kubota

建材商社、建材試験所勤務の方も追加

2016年12月13日

株式会社トラス(本社:東京都品川区、代表取締役:久保田修司、以下トラス)は、この度建築設計者用サービスとして、建築設計者、施工者に無料で公開していた「建材選択クラウド truss(トラス)」の無料ユーザーに建材の販売/開発/研究/試験に携わっている方(建材商社/建材試験所勤務の方、建築学科での教育関係者、等)にも対象を広げることといたしました。

 

「建材選択クラウド truss(トラス)」

https://www.truss.company

 

■無料ユーザー対象変更の背景

 

9月13日のサービス開始以降多数のユーザーの方に登録頂き、当初設計者/施工者を無料ユーザーとし、当初業界の建材に対する理解を上げるという目的からそれ以外のユーザーの利用は後に有料で公開する予定のタイミングまで待ってもらっていましたが、当初想定していた以外の職種の方からの登録申請が非常に多く、なぜ興味を持たれているかヒヤリングを重ねてきました。

 

その中でも非常に申請が多かった職種が建材商社勤務の方です。建材商社は多数の建材メーカーの商品を工務店に販売する役割を担われていますが、現在は大量の建材があり、販売する側もその内容を理解し、工務店からの要望に適切に対応して建材を提案、販売することが難しい、との意見も聞かれました。

 

現状設計者/施工者は主に紙のカタログで建材を選んでおり、大量の情報が溢れる中適切な選択が困難な状況にあり、複数の建材メーカーの商品を販売する建材商社は彼らの選択の際のコンサルタントのような役割も担われています。建材商社勤務の方の建材に対する情報取得の効率向上をアシストすることで、生み出される建物の質も向上できる可能性があるとの認識に至り、この度無料ユーザーとして建材商社勤務の方も対象とすることと致しました。

 

現在の建材情報を適切に把握できない体制は建材商社勤務の方にも負担をかけており、それが建材商社の経営も圧迫していることになります。弊社サービス建材選択クラウドtruss(トラス)を使用されることで建材商社の経営も改善されることになればと期待しております。

 

加えて、建材の性能試験をされている団体では、試験体の製作を実施しており、依頼者である建材メーカーの希望する資材を調達するがあり、仕様にあったものを検索・選定する作業に労力がかかっているとのことから建材の試験をされている団体の方も無料ユーザーの対象といたします。

 

今後も建設業界の方が建材選定を簡単に行えるようサービスの改善/開発を進めてまいります。

 

建材選択クラウドtruss(トラス)とは

 

  • 建材メーカー各社が製造販売している商品をカタログ上で公開されている性能や値段によりグラフ上に点としてプロットし、全体的な製品の分布、どの程度性能が異なるのかを一目でわかるようにし、建材選定を効率化させる建設業界のプロ向けのクラウドサービスです。